なぜFX比較が必要なのか?

FX比較の王様とは?

FX業者の王様は人気の大手FX業者の比較をします。

 

人気のFX業者の条件は
@スプレッドが狭い
Aスワップポイントが高い
Bバオナリーオプションが取引できる
などがあげられます。

 

FX比較の王様は投資家に人気の大手FX業者の基本サービスからその特徴までを正確、かつ詳細にレポーティングします。

FX業者を比較する3つのポイント

FXを始めるときに最初に迷うのが「どの業者に口座を開くか?」という点でしょう。初めて口座を開くときに注意すべきポイントはいくつかありますが、まずは取引手数料、スプレッド、安全性、約定力、安定度の5点を比較チェックしてみましょう。

 

取引手数料とスプレッドをチェックする

 

投資で勝つためには、取引コストを下げることが非常に重要です。1回のトレードに掛る手数料も、取引回数が増えてくると、その額も決して無視できません。最近では、取引手数料が「0円」の業者も多いようです。また「売値(Bid)」と「買値(ASk)」の差を意味するスプレッドも重要なチェックポイントです。FXでは、1米ドル=83円50−52銭といった形で価格が表示されます(業者によっては下3桁まで表示する場合もあります)が、このとき表示される差額がスプレッドです。つまり表示が83円50銭−52銭であれば、スプレッドは2銭ということになります。スプレッドの幅が狭いほど、トレーダーにとっては有利となります。

 

スプレッドはFX業者にとっては間接的な手数料であり、各業者ごとに設定もまちまちです。

 

業者の安全性を見抜く自己資本規制比率とは?

 

取引手数料が安くて、スプレッドの幅も狭い業者が最高かといぇばそうでもありません。確かに取引コストを抑えることができますが、コストばかりに注目して業者を選ぶのは問題です。FX業者の信頼度を見抜くポイントの一つが「自己資本規制比率」です。金融庁の規制により、FX業者には120%以上の自己資本規制比率の維持が義務付けられていますが、一般に200〜300%以上が安全の目安とされています。この自己資本規制比率はFX業者のホームページに公表されていますので、ぜひチェックしてみてください。

 

デイトレーダーは要チェック「約定力」

 

また、売買や決済の注文がスムーズに決定される「約定力」も、業者を選ぶ重要なポイントとなります。約定力が低い業者は、注文を入れてもすぐに反映されません。このわずかな間に相場が急変し、利益確定や損切りに失敗するこがあるのです。スキャルピングなどで細かい利益を積み重ねるトレードの場合、約定力の低さは致命的となるので注意しましょう。

 

当たり前に取引できることが大切な「システムの安定度」

 

取引回数が何らかの要因で急激に増えたときに、システム障害を起こす業者も少なくありません。システム障害が起これは、取引がストップし、売買できない状況になるため、その間に想定外の損失が膨bむ可能性も否定できません。各FX業者のシステム障害に関してはインターネットなどの口コミなどで調べることが可能です。事前にサーバーが弱い業者はどこかといった情報を知っておきましょう。

 

これらの安全性を確実に業者に求めるのであれば、「くりっく365」を検討してもいいでしょう。